おかげさまで10周年!

このブログが
電子ブックになりました!




ねこきりレイキは、
おかげさまでレイキ一筋で10周年♪
10年間の軌跡と奇跡を綴って
電子ブックにまとめました。

ご自由にダウンロードして下さいね。


プロフィール

Facebook

お問合せはお気軽に♪

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

月別アーカイブ

ヒーラーでもセラピストでもありませんm(__)m

0

    ルナ

    「レイキティーチャーをやってます」って言うと、ほとんどの人がねこきりが「ヒーラー」だとか「セラピスト」だって思うみたい(^^;ゞポリポリ
     
    えっとぉ・・・実は、ねこきりヒーリングがあまり好きじゃないんだよね〜^^;

    10年もやってるので、かなりの数をやってるしヒーリングのコースもあるんですが(^^ゞ
     
    あと・・・ねこきりにはサービス精神なんて無いのでセラピストって言うのもね〜σ(^◇^;)

    と言う感じで、「ごめんなさい」なのですm(__)m

    もちろん何処かが痛いとか、こんな病気で苦しんでますって言われると、喜んでレイキはします。
     
    そう言う人を前にして、何もできない自分で居たくないですから(^_-)

    だけど、それは一般的に言われてるヒーリングって言うものなのかどうかは・・・(^^ゞ

    もちろんレイキの効果を疑ってるわけじゃないよ(⌒ー⌒) ニヤリ

    だけど、レイキはその人がしたいことがしやすくなるって言う効果を出してくれるだけって言うことを知ってるからね〜。
     
    なので、その痛みを取ろうとか、その病気を治そうとかって、こっちが考える事じゃないって判ってる。
     
    だから、ヒーリングをしてるって言う気分には成れないんだよね^^;

    手を当てたり、遠隔をしながら・・・ねこきりは「その人と一緒に楽しくなろう」としてるだけo(^o^)o

    セラピスト・・・サービスする人・・・って言う意味からしたら、全く違う!!
     
    ねこきりは、全て自分のためにやってる。

    この小さな自分のためでもあるし、それをどんどん拡げて大きな自分のためでもある。

    だって、レイキをすることで自分も楽になるし、したいことが出来やすくなっていくからね。

    手を当てることで周りの人・・・それだけじゃなくて宇宙そのものが、大きな自分自身だって判ってくるんだ。

    と言う事で、自分にサービスって言うのも・・・やっぱり変だと思うから・・・ セラピストではない(..;)""> ポリポリ

    ただ、一緒に楽しく生きる人達を沢山増やしていきたい!!

    そして、それをしてるときが一番楽しい。

    だから、レイキティーチャーの仕事だけで10年も続けてこられたんだろうな〜♪

    みなさん! 楽しいこと見つけられましたか?

    昨日冬至で太陽の復活を果たし、もうすぐ新年。

    マヤ暦では大きなサイクルが1廻りしたらしい。

    新しいスタートを切るのには、とってもいい時期ですよ!!

    この新しく生まれ変わった「意識の宇宙」を、一緒に楽しみましょう〜♪♪


    年末年始のキャンペーンもございます。
    良かったらこちらの姉妹ブログのお知らせもご覧下さいませm(__)m



    レイキ ブログランキングへ

    スピリチャル嫌いのねこきり(・・;)

    0
      ルナ

      10年もレイキティーチャーとして活動し続けているにもかかわらず・・・結構、スピリチャル嫌いで通っているねこきりf^_^;

      本当の意味でのスピリチャルを否定してるんじゃないんだよ〜・・・。

      スピリット・・・これを磨いたり、高めたりすることはとても大切にしてるし、スピリットを持って生きることは素晴らしいことだと思う。

      だけど、今の風潮としての「スピリチャル」と呼ばれているものが苦手なんだよね(・・;)

      「ネガティブ」と「ポジティブ」って感じで二元論になっているのが「なんだかな〜^^;」って思うわけ。

      痛みだとか、苦しみ、悲しみ、恨みetc・・・ネガティブだと思われているもの達を、本当に「ネガティブ」と一纏めにして良いんだろうか?

      それらは、本当は何かを守るために存在してるんじゃないのだろうか?

      それは身体であったり、心であったり、精神であったり・・・ その人にとって優先順位の高いものを守るために、優先順位の低いものから壊れてきて、気づかせようとしていたり、守ろうとしてくれていたりするもの。

      尚且つ「痛み」っていうものは、傷ついた細胞が修復を始めるときに出るものって言う一面もあるわけだし・・・悪者じゃないよね〜(^_^)v

      だから、ネガティブってくくりでそれらをポジティブに変えなきゃいけないって言う思い込みで生きてるって言うかそう言う判断を良しとしてしまっているのが「どうなんだろう?」って思うわけ。

      それと・・・「まず浄化」って言われると、「なんだかなぁ」って思うことがある。

      少なくともねこきりは、浄化しなくちゃいけないほど、穢れているものに出会った事なんて無い。

      まぁ、身体が汚れれば洗った方が良いけどねf^_^;

      心とか魂とか・・・そう言う部分って、自己浄化の機能がちゃんとあるから・・・。

      「清めれば大丈夫」って言うのもなんだかなぁ・・・

      全部自分以外のせいにしてるって感じがするし・・・


      だからといって、痛いって言ってる人、苦しいって言ってる人、寂しいって言ってる人を「それで良いから!」って放っておける人は違うと思う。

      確かに「それは必要なことが起こって居るんだからそれで良い」んだけど、その人に何かを伝えられるのなら伝えるべきだと思うし、少しでも痛みを和らげられるのなら何か手を施すべきだと思う。

      それが、「人」としてのあり方。

      ただし、「それはいけない」とか「それは悪い」って決めつけずにそれが出来ることが、大切なんだと思うんだよね〜。

      要するに、「手助けしなくちゃいけない」からそれをするんじゃなくて、「手助けしたいなぁ」って思える自分に成れれば良いだけのこと。

      それが「人」として、完成していくことなんだと思うんだ〜。

      人として完成していけば、自然とスピリチャルな生き方に成っていくし、「自然」と協調していくように成ってる。

      だって、人も自然も人工物さえ大きな自分自身そのものなんだから!!


      「心を持った人」としての部分を忘れてしまったスピリチャル・・・

      それを嫌いだって思ってるのがねこきりなのであります。


      この辺りのこと・・・もっと言葉を連ねないと、きっと上手くは伝わらないんだろうなぁ・・・。

      でもまぁ、ねこきりってこんな奴らですが・・・宜しくお願いしま〜す(^o^)丿





      レイキ ブログランキングへ

      ねこきりレイキの出来るまで・・・最終回

      0
        この章の最終回なので、7年前に出会ったねこにとって一番大切で特別な人のお話を書こうと思います!

        始まりはその前の年(8年前)の秋口のこと・・・

        ご紹介のご紹介と言う数珠繋ぎでやってきたのが、今も仲良くして貰っているお香のみいちゃんと今はハズバンドになってる当時は彼氏のぎふみ君。

        その数珠繋ぎの数珠玉のひとつに、前に書いたマダム、たみちゃんと一緒に出会ったもう一人が入ってるわけ(^_-)

        彼女が居なかったら、みいちゃんとも大切な人とも繋がらなかった(/_;)

        だから、人の出会いって面白いな〜って思うんだよね♪


        みいちゃん夫妻との出逢いも面白くて・・・

        紹介者からねこきりのことを聞いたときに一緒にうちの師匠も紹介されたらしい。

        で・・・数ヶ月どっちに行こうかと考えに考えて、結局うちにやってきた。

        我が家に辿り着いた途端、車好きのぎふみが当時家の前に停めてあったアルファロメオを見て「此処で良かった〜」って(^_-)

        前に乗ってたアルファ君は、良い看板だったんだよね〜(*^m^*) ムフッ

        で・・・、この二人がねこの顔を見た途端ビックリ(@_@)

        声を揃えて「Halkoさんにそっくりや〜!!」って(¨;)


        その段階から出会うことが決まってたのが今日書きたい大切な人(*^_^*)

        そのみいちゃんからねこのことを聞いて本人がやってきたのが7年前の冬2月ぐらいだったんだよね〜。

        3回ぐらい来た事があったみいちゃんにもかかわらず、なぜか3時間も道に迷ったあげくやっと到着!

        それも・・・最後は一度も来たことのない晴子さんが「そこ曲がったとこやって!」なんて神がかり状態(^_^;)

        着いた途端Halkoさんは「昨日、友達の霊能者に『五つの戒めと、花は踏まれても愛でられても平然と咲いてるって言う事をまなばなあかん』って言われてん」って言ったんだよね〜。

        五つの戒めだけだったら余所のレイキでも良かったはず・・・でもその後の花は・・・の部分はうちの師匠の言葉と同じ意味なので「ああ、此処にくることになってたんだな〜」ってすぐに判った。

        でもって・・・うちに来る前夜には本人にも「蒼き勾玉」って言う言葉も降りてきたらしい(^_^;)

        その時ねこはスカーフをしてたんだけど、その言葉を聞いてスカーフを取ったらラピスの勾玉が首から下がってた。

        ああ・・・こういう出逢いもあるんだなぁ・・・って、本当に不思議だった。

        そして、晴子さんもねこも大好きだった西岡恭蔵さんの「月のまつり」と言う唄を目の前で唄ってくれた・・・

        それも、一番を歌いかけて・・・「あっ違う!」って言って「約束の夜〜月の祭〜♪」って2番の歌詞で歌い直してくれたんだよね〜。

        プロの唄を目の前で聴いて・・・尚且つそれが大好きな恭蔵さんの唄で・・・そりゃあもうウルウルでしたよ('_')

        ああ・・・こうして此処でこの時期に出会うことが約束されてたんだ・・・って。

        晴子さん&マスター
        この写真6年ぐらい前のものだからみんな若い!!
        まだリリーバリーのときの写真だから勾玉屋のマスターの髪が短いし・・・(^_-)

        ハッキリ言って、顔は全然似てないよね〜!!

        だけど、何故か「似てる〜!」って言う人が半分ぐらい居るんだよね(¨;)

        生き方も、考え方も・・・行動規範も全く違う。

        だけど、この出逢いは本当に特殊な喜びをもたらしてくれた。

        お互いに、違う角度から同じものを見て、全く違う環境の中で生きてきたんだけど、同じ「月」を見て来たんだと思う。

        同じ目標をずっと見ながら、違う道を歩いてきたんだけど、そこで道が交わった・・・。

        「この年になると、どれだけ頑張っても声が衰えてくるし、もうひとつ何か欲しいと思ってレイキを受けに来た」って言った彼女だったんだけど・・・

        その後の声の変化には本当にビックリした!!

        どんどん波動が細かくなって、心の奥までスーーッと染み込んでいくんだよね〜(*^_^*)

        そのサードの波動を放つ彼女が唄うことで拡げていく白い光を目の当たりにしたときに・・・

        「ああ、レイキって手当だけなんかじゃない!!」って確信した。

        癒しなんて・・・そんな後ろ向きのものじゃなくて・・・各々が元気を出して先に進めばそれで良いって・・・

        唄を聞いて「うわ〜!元気が出てきた〜o(^-^)o」って言ってる人達のように、病気が治らなくても、痛みが取れなくても、ワクワクして元気いっぱいに先に進む人が増えれば良いんだって。

        同じ時間に違う場所で、違うことを各々が楽しんでいるときに、その喜びが空に登って新しい物に変化して降りてくるのもあの時に始めて体感した。

        彼女は沖縄で歌を唄い、ねこは大阪でアチューメントをしていたときにそれが起こったんだよね〜♪

        「ああ・・・一人じゃない!全てが一つのものなんだ〜!!」

        意識の拡大が違う人格を経由することで起こったんだろうね(^_-)

        今、出会う前と違って安心感って言うのか何か絶大な神とか仏とか宇宙とか呼ぶべき何物かに対する信頼感「大安心」があるんだよね・・・。


        同じ目標を見ながら違う道を歩いているけどそれが心地良い。

        同じ道を歩かなくても、大いなる自分の一部が違う道を歩いてくれてる・・・

        自分も大いなる彼女の一部であり、彼女も大いなる私の一部をになっている。

        そして、それはこの二人だけでなく、全ての人が同じ関係として存在しているって言うことが、心の奥底から理解できた。

        彼女が「全ての人」へと繋がる入り口だったんだ。

        それが「安心立命」の境地なのかもね〜(*^_^*)


        あの出逢いがなければ・・・言葉だけで終わった「大安心」と「安心立命」だったかも知れないって思うと、この出逢いに大いなる感謝!!

        それも「レイキ」に導かれた出逢い・・・

        やっぱりレイキって凄いよ〜〜!!



        このほかにも沢山沢山の素晴らしい人たちとの出会いがあった。

        困ったときには「誰か出来る人居ない〜?」なんて発信すれば、だいたい「はーい!」って手をあげてくれる人が居る。

        ずっと繋がり続けている人だけでなく、道が交わって、また違う道を通ってはまた交わる。

        そして、離れていたときに経験したことをシェアーしあえる友達たち。


        今22名になったねこきりレイキティーチャー達も、その前にアチューメントさせていただいた500数十名の方も、みんなレイキが繋いでくれたご縁。

        そのご縁が、今のねこきりレイキを作ってくれたんだ。

        そのご恩に報いるために、今私達が手にしたものを全て差し出す。

        なにが人の琴線に触れるかわからない。

        人の琴線を揺らすものがレイキでなくても良い。

        どうせ、レイキで辿り着く場所と同じ場所に辿り着くから(^_^)v

        すべては「ひとつ」だと思い出してしまったからね〜♪


        今ねこきりは、「レイキ」を一番大切なものとして位置づけ、その周りにはオショウ禅タロットやねこきり遊び塾でお伝えしている神様の話、神道や密教、そして宇宙の話などもさせてもらっています。

        その全てが、ねこきりの定義するレイキそのものだと理解しているから。

        そして、ずっとねこきりを導いてくれた物語りも、先日電子書籍化して公開しました。

        大人の恋の物語ですが・・・根底に流れているものは、やっぱりレイキで辿り着く場所への道標。

        もし興味があるようでしたら、サイドバーにリンクを貼り付けてありますので無料のページだけでもご一読ください。


        さて・・・随分長い連載になったねこきりの紹介もここまで。

        お付き合いいただいた皆様、本当にありがとうございましたm(__)m

        次からは、皆様が知りたがっているレイキについて書いていきますね〜!!


        レイキ ブログランキングへ

        ねこきりレイキの出来るまで・・・その5

        0
           
          ねこきり応援団のことを続けましょう〜♪

          一人づつ書いたらホント長編小説になるぐらいの出逢いがあったんだけど・・・やっぱりはずせないのは夏ちゃんのこと。

          彼女は出会ったときにすでに余所でレイキを受けてたので、ねこきりレイキとは縁がなかったんだけど、ねこきりの応援団としてはとても重要な人だった。

          最初に出会ったのは、週一で交流会をしてくれていたヨーコちゃんの紹介。

          「とても面白い人が居るから、会いにけえへん?」って、お昼ご飯を用意してお部屋に招いてくれたんだ〜。

          ヨーコちゃん曰く「少女のまま大人になった人だよ」って。

          会ってみたら、その意味がすぐに判った!!

          ねこと同い年だったんだけど、本当にピュアーで可愛らしい人。

          色んな事に興味を持ってて、どんな人ともすぐに仲良くなってしまう天才(*^_^*)

          人見知りのねこからしたら、本当に「凄〜〜い!」って思ったな〜。

          色んな事に興味を持ってて、それを純粋に楽しんでた♪♪

          出会ったときすでに彼女は、人工透析を20年続けてたんだけど、ねこなんかより数倍もバイタリティーに溢れてて元気だった。

          現代医学では移植以外どうしようもないって言う病気だったので、それ以外の方法をずっと探してたんだろうね。

          その一環としてレイキにも出会ったみたいだし、波動水とか気功とかエネルギーワークによる治療とかetc.etc.

          「整体師さんの面白い本を見つけたから、著者の人に会いに行って治療して貰ったの〜」なんて事も・・・

          で・・・「この先生面白いから一緒に会いましょう!」ってセッティングしてくれたりした。

          古神道の講座だって夏ちゃんが居なかったら行ってなかったしね(^_-)

          「ねえねえねこさん♪最近織田信長さんの生まれ変わりの人に会ったの〜」なんて話もあったし・・・

          基本的に不思議ちゃんって自分の世界だけで遊んでるから苦手なねこなんだけど、彼女だけは不思議ちゃんでも大好きだった。

          それは、彼女が誰も・・・そしてどんなものも否定しなかったから。

          「あれもあり。これもあり」そんな感じで全て受け入れて、それを楽しんでいた。

          誰かや何かを否定する暇があるぐらいなら、残された命を楽しむために使いたかったんだと思う。

          だからねこきりも、彼女がどんな不思議話をしても、どんなところに連れていってくれても楽しめた。

          彼女が居なくなってしまったとき「ああ・・・ねこの良心が逝ってしまった・・・」って思ったぐらい彼女ならなんでもOKだったんだよね〜。

          あそこまで無条件に愛せる友人にあとどれだけ会えるんだろう?

          いや・・・今出会ってる人達とこれから出会う人達全部夏ちゃんの一部なんだよね〜。

          一つの命としての夏ちゃんは居なくなったけど・・・夏ちゃんを作っていた原子は色んなところに飛び散って、色んなものの中に取り入れられて生きている。

          だから、夏ちゃんはずっとねこの傍にいるし中にも居る。

          だって・・・この世界、何処にも切れ目が無いんだから・・・この宇宙の中に夏ちゃんを作っていたものが存在していると言うことは、大いなる宇宙としての私の中に居るって言うこと(^_^)v

          そして、どんなものどんな人の中にも夏ちゃんは宿ってて、そこにねこが焦点を合わせることであの優しさと嬉しさ楽しさをまた感じることが出来るんだ!!

          そのことを教えてくれたのもレイキだし・・・そして夏ちゃんという名前の存在そのものでもあった。


          今まで何度も夏ちゃんとの逸話を書いてきたから、今回はちょっとその辺を省いて、彼女の存在そのものについて書いてみた。

          ねぇ、夏ちゃん!これで良いよね〜!!


          応援団の話、まだ続きますよ〜(^―^) ニコリ



          レイキ ブログランキングへ

          ねこきりレイキの出来るまで・・・その4

          0
             

            さて、次はティーチャーになってから出会った応援団のご紹介〜♪

            前勾玉屋のリリーバリーで交流会を始めて出会ったのが、強度のリウマチの女性だったって話は前に書いたよね(^_-)

            その彼女は、日本画の先生でもあり占い師でもあった。

            で、アチューメントを受けてくれる時に「良い日にちで、良い方角で受けたい」と・・・

            こっちは別に何処でも良いので「んじゃ、お任せします〜」って言ったら、彼女がいつも行ってた美容院の先生に話を付けてきた!

            それが春名さん だったんだよね〜♪

            アチューメントに行った日に、自転車で転んだとかで足に怪我をしてた・・・

            でもって、「んじゃ、ちょっとレイキ当てましょう!」ときりさんがねこが喋ってる間に手当。

            で・・・痛みが取れちゃったんだよね〜〜(^_^;)

            と言う事で、「私も受ける!!」と、後日受けてくれたわけ(*^_^*)

            そこから、「せっかくだし、パーマとか毛染めの待ち時間に手を当ててあげて〜」ってハンドヒーリングのメニューも作ってもらってお客様に当ててくれたら、これが評判良い!

            でもって、次々とお客様をご紹介下さって、場所もお店を貸してくれたんだ〜♪

            そこで出会ったのが、肝硬変の彼女だったんだけどね(*^_^*)

            本当にお世話になりっぱなし!!

            で・・・その頃はただの(?)美容師さんだったんだけど、アチューメントの効果かどうか判らないけど・・・いつの間にか石屋さんになって、ワイヤーアートを習い初め、今では立派なワイヤージュエリーアーティストで先生(^_^)v

            レイキって、本当に自分のしたいことが出来やすくなるようにサポートしてくれるんだ(^_-)

            だからレイキで方向が定まったのかも知れないけど、彼女の頑張りもハンパじゃない!

            毎月横浜まで通って、シルバーワイヤーアートを習って来ては、とんでもない数作って練習してた。

            肩をパンパンに凝らせてもやめないからね〜(^_^;)

            で・・・とうとう教室も始めて先生になった!!

            そう、やっぱり本人が「これがしたい・・・これをする!」って決めて頑張りだしたら、目一杯力を貸してくれるのがレイキなんだよね(*^_^*)

            その「これがしたい」って言うのが見つからないときにも「こんなのがあるよ〜」って教えてくれたりするし(^_-)

            もちろんレイキはヒーリングワークとしても素晴らしいものなんだけど、こんな人達を見せて貰えると「やっぱり人って好きなことなら頑張れるんだな〜♪そこに連れていってくれるレイキって凄い!!」って思う。


            でぇ・・・ねこのアクセサリーは自作か春名さんの作品だし、母も髪をして貰ってるし・・・ねこの髪の毛も全部お任せ(^_-)

            今のねこにとっては無くてはならない人o(^-^)o

            最近ちょっと心配なのは・・・ワイヤージュエリーばっかりになって、美容師の方をやめちゃったらどうしようか(;ロ;)

            だって、ねこのこのやっかいな髪質を何とかしてくれるのは彼女だけだしね〜(^_^;)

            お家もご近所だし、美味しいもののお裾分けもいっぱい♪♪

            ねこより少しお姉さんだけど・・・「まだまだこんなに頑張れるんだ〜!」って勇気をくれる人。

            きっと他生の縁ってやつだったんじゃないのかな〜ラブラブ

            彼女もまた「ねこさんのレイキの話、大好き〜」って言ってくれて、いつも応援してくれるんだ〜♪




            こうして先日から一人づつピックアップしてみると・・・本当に愛されてるな〜って思う・・・。

            「愛は力」だから、色んな人に力も貰ってるんだねo(^o^)o ワクワク

            応援団の話・・・まだまだ続きますよ〜♪



            レイキ ブログランキングへ

            ねこきりレイキの出来るまで・・・その3

            0
               

              さてさて今日は、ねこきり応援団アトリエ・コケットのたみちゃんのお話で〜す!


              出逢いは、昨日のマダムと一緒で、週一で通っていた交流会!


              あそこの交流会では、本当に沢山の興味深い人と出会ったな〜♪

              最初出会ったときのたみちゃんは、ホント可愛らしいフランス人形みたいな女の子だった(^_^)v

              まぁ、女の子って言う歳じゃなかったとは思うけど・・・見た目は本当にそんな感じ。

              多分その頃はまだ看護師さんだったんじゃないかな?

              でもって、「私、結婚するんです〜ラブラブ」なんてルンルン気分の時期だった。

              で、後が判ったんだけど・・・「結婚して鈴鹿に住むんですよ〜」って言ってたから、「ああ・・・旦那様のご実家に行くんだろうな〜」って思ってたら大間違い!!

              旦那様・・・お医者様なんだけど・・・がバイクのレースをしてて、その為に鈴鹿に行ったんだって!

              交流会では、そんなにお喋りした記憶はないんだけど・・・何故かねこきりのことを気に入ってくれたの。

              ねこが「この娘、可愛い〜(☆,☆)」って思ったのが伝わっていたのかも(^_-)

              全く縁がなかった鈴鹿で新生活を初めて、自宅でアロマサロンを始めたたみちゃんは・・・「こっちでもレイキ交流会したいな〜」って思ったらしい!

              多分たみちゃん自身がレイキ当てて貰いたかったんじゃないかなグッド!

              でもって、サロンではトリートメントだけじゃなくてアロマの教室もしてたので、その生徒さんとかお客さんとかを集めてくれて、「ねこきりさん!アチューメントに来て下さい〜」ってヽ(^o^)丿

              おかげで、鈴鹿にも随分通ったよ(^_-)

              そのうち自宅とサロンを離して、歩いてすぐのところにサロンを作ったかと思うと・・・なんだかゴタゴタσ(^◇^;)

              でもって、「私、離婚しました〜ニコニコ」なんて感じで軽〜いノリで言ったかと思うと、「引っ越し考えてるんです。方角見て下さい」ってf^_^;

              大阪に戻ってくるのかと思いきや・・・気づいたら名古屋に行ってた( '_';)

              この人の凄いところは、思い立ったらあっという間に動いてしまうところ。

              あのフランス人形みたいな外見に騙されちゃいけないのであります。

              彼女は実に「男前〜」な性格。

              でもって、名古屋でもまた人を集めてくれて、沢山の御縁を繋いでくれた!!

              「名古屋へ行くのも慣れてきたね〜」ってきりさんと言ってたら・・・「今度は東京に行くので、方角と日にちを見て下さい!」って依頼( '_';)

              それも、「行くって決めました!」って言ってから3ヶ月ぐらいでドタバタと場所を探してお引っ越しσ(^◇^;)

              でもって・・・いつの間にか素敵な旦那様をゲットして再婚まで^m^

              次々と発生する色んな問題点も、四苦八苦しながらちゃんとクリアーしていくあの原動力っていったいなんだろうね〜。

              外から見てるとハラハラドキドキ・・・だけど「たみちゃんだから、絶対大丈夫♪」って言う安心感があるからまた不思議な人(^_-)

              彼女も、昨日のマダムと一緒で、途中でティーチャーになったんだけど・・・相変わらずねこきりの応援をしてくれてる。

              決して経済的には楽じゃなかったと思うし、ねこきりに仕事回してる場合じゃなかったと思うんだけどね〜f^_^;

              だけど、「レイキはねこきりさんに」って決めてくれてる気持ちに応えるのが、ねこきりのすべき事だって思うんだ。

              先日会ったときには・・・「心理学とか色々学んだけど・・・結局ねこきりレイキ一つあれば同じだったんですね(*^_^*)」なんて言ってくれた。

              「今まで受けたセミナーで、1つだけしか残せないとしたら、迷わずねこきりレイキのレクチャーを残す」とまで・・・(;O;)

              「私、また頑張ってねこきりレイキ広めますから〜♪」って(^_^)v


              いったい、どうしてこんなにねこきりレイキって愛されてるんだろう???

              そんな風に、我ながら不思議になることがある。


              ねこきりは、申し訳ないけど今まで応援してくれた方々に、目に見える形で何かを返すことは出来てない・・・(・_・;)

              ただ・・・こうして歩いてきたこと、そこで見つけたことを、何一つ惜しまずシェアーしてきただけ。

              ねこきりが大切にしているのと同じだけ応援団の人達もねこきりのレイキを大切にしてくれている。

              その力が無ければ・・・きっと・・・とうの昔に投げ出していたと思う。

              ねこきりはその人達の後ろから押してくれる力を貰って、先に進んできたんだ。

              誰かに引っ張られているんだったら、きっと誰も応援してくれなかっただろう。

              だけど、自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の頭で考えて・・・この足で歩いてきたからこそ、こんなに応援して貰えたんだと思うんだよね〜。

              だからこそ、ねこきりもこうして沢山の人達の応援をしていける。

              たみちゃんやマダムのように、自分の足で歩く人達が大好きだから・・・

              だからこそ、御縁のあった方々には、自分の足で歩いて貰えるようにお話しさせて貰ってきたんだ!

              それに応えて、沢山の人達が自分の足で自分の道を歩くことを楽しみ始めてる♪


              だから、それをまだまだ応援を続けていきたいって思うし・・・最近ではもう一つ・・・

              ねこきりから巣立っていってくれた人達の帰る場所としても此処にいたいと思っている。

              「巣立った人達の帰る場所として此処にいたい」

              多分、ねこきりがレイキを始めてから初めて持った「欲」かも知れない・・・

              この欲を、大きく育てていけると良いんだけどね〜(^_-)



              と言う事で、ティーチャーになる前に知り合った応援団は、ねこきりとレイキの出会いで書いた人達と、このお二方ぐらいかな?


              次からは、ティーチャーになってから出会った応援団のお話を書きますね(*^_^*)



              レイキ ブログランキングへ

              ねこきりレイキの出来るまで・・・その2

              0
                 タイトルは「・・・出来るまで」にしてるんだけど、良く考えてみたら「ねこきりレイキを作ってくれた人々のお話」の方が良かったかも〜(^^ゞ


                今回は、大切なことを教えてくれた人シリーズではなく、目一杯応援してくれている人シリーズかな〜♪


                まず、年の順(!)で・・・アロマピュアローズのマダムの話から(*^_^*)

                いやぁ・・・彼女と話すたびに、「こんな天然物が存在して良いんだろうか?」って思うぐらいの天然物♪

                最近養殖物のくせに、天然を気取っている人は良くいるんだけど・・・純粋な天然物。

                まず、出会ったのは週一回で通っていた交流会。

                「レイキを受けたら、相手の悪い気を貰わなくなるらしい」と言うウワサを聞いたアロママッサージの仲間3人でやってきたなかにマダムも居た。

                その中に後で書こうとおもっているたみちゃんも居たんだけどね〜(^_-)

                で・・・もう一人は、今は道が分かれてもう会うことはないけど・・・多分、ねこと大切な人を繋ぐためだけに存在してくれた人。

                なんたって、その人から繋がって繋がって・・・またいつか描こうと思ってるけど、一番会いたかった人に出会えてるから(^_^)v

                って考えると、やっぱり「縁」があってあそこで出会ってるんだよね〜(*^_^*)


                で、話をもどして・・・

                基本的にねこは人見知りで、こちらからあまり話しかけることはないんだけど、相手が何かを訊ねてくれたらちゃんと話すタイプ。

                で・・・マダムの時も一緒で、ちょこちょこと色んな事を訊ねてくれた。

                一番最初に訊ねてきたのが・・・びっくりなことだった!

                手当の実習をしてて、マダムが寝ててねこが頭のポジションに座ってたときのこと・・・


                「ねこさん!私、占い師の人に、近い内に全身に力が入らないような病気になって死ぬって言われたんだけど、本当かな?」って( '_';)

                「えっ!!そんなん信じることないんちゃう〜?そんなことその人に判るはず無いし(⌒ー⌒) ニヤリ」って答えた。

                確かにマダム・・・いつ倒れてもおかしくないぐらい身体は疲れてたし、悪いことに本人がその疲れてるって言うことに気づいてない(^_^;)

                まぁ、その辺りを見てそのエセ占い師はそんな風に言ったのかも知れないけど・・・それにはねこもちょっと怒った(`_′)プンプン

                だって、お客様の命のことをそんな風に言うような人って・・・失礼極まりないって感じたからね。

                でもって「大丈夫♪大丈夫♪レイキしてたら元気になるから〜」なんて言ってたんだよね(^_-)

                それでかどうかは判らないけど、忙しい中時間を作っては交流会にも来てくれるようになったかな(*^_^*)

                でも、本当にお仕事が大好きな人で・・・なかなか時間のやりくりが出来ない・・・

                そこで彼女は考えたひらめき電球

                「行けないんだったら、来て貰えば良いんだ〜♪」ってσ(^◇^;)

                その辺が天然物の凄さかも(^―^) ニコリ

                で・・・その頃ティーチャーになってたねこきりに白羽の矢いて座

                「人を集めるから来てくれませんか〜(☆,☆)」って。

                もちろん、こちらとしたら願ったり叶ったり!

                交流会のお客様だけでなく、アチューメントのお客様まで集めてくれて、場所まで貸してくれた。


                で・・・マダムに言わせると・・・

                「お客様にアチューメントを受けていただくと、私が楽なのよね〜♪それまで最終のお客様の時なんてヨレヨレだったのに、アチューメント受けて下さってたら『まだもう一人出来そう〜』って感じで自分も元気になるし、マッサージの効果も上がるのよ!!」

                だって〜〜♪

                でもって、時間があるときにはお客様のアチューメントの時に一緒にレクチャーを聞いてくれたりアチューメントまで受けたり・・・

                そうこうしているうちに、ねこきりの伝えたい「手当の次にあるものとしてのレイキ」を好きになってくれて・・・もう7年ぐらい月一で交流会を開いてくれてる。


                マダムと先に出てきてたたみちゃんは途中で自分もねこきりの師匠からティーチャーを受けたにもかかわらず、「私はレイキのこと判らないから〜(*^_^*)」って、未だにアチューメントはねこきりに回してくれる。

                本当に有り難い事だと思う・・・m(_ _)m<(_ _)>

                でも、「じゃあ、なんでティーチャー受けたの?」って訊ねたら・・・

                「だって、大好きなねこきりさんと同じ目線でものを見たかったから(^_-)」ってしゃら〜んと言ってのけた!

                その言葉で「おおっ!これは愛されてるな〜ラブラブ」と思ったのであります。

                で・・・「レイキのこと判らないから」なんて言ってるけど、根本的な部分をむんずと掴んでて、決してはずさないのがマダムの凄いところ。

                「ほら!レイキの光って粉みたいなもんでしょ!」って言ったときには、「ムムッ、コイツなかなかやりよるなぁ」と・・・

                多分、普通の人には判らないと思うけど・・・この「粉」って言う表現にはさすがのねこきりも脱帽した。

                さすがに天然物は、理解の仕方も天然!!



                と言うような、面白〜い人に、ずっと助けられているねこきりであります。

                で・・・またまた長くなってしまったので、アトリエコケットのたみちゃんの話はまた〜〜♪



                レイキ ブログランキングへ

                ねこきりレイキの出来るまで・・・その1

                0
                  ねこきりとレイキの出会いは、先日までの連載でだいたい書いちゃったかな〜(^_-)

                  で・・・次は、ティーチャーになって伝え始めてからのことを書いていきますね。

                  先日も書いたように、ティーチャーズディグリーでは、アチューメントの仕方を習っただけだから、結局ティーチャーになって出会った人達にこのねこきりレイキは育てて貰ったって事。

                  本当に、全ての出会いに感謝です!!



                  ティーチャーになって、その後アチューメントを始めて、リリーバリーで交流会をさせて貰えるようになったのは、前回書きましたね。

                  その他にも、アロマの先生の教室や、そこで知り合った方のご自宅でも交流会させて貰ったりと、最初から本当に沢山の人に支えられたねこきり。

                  「なんで、みんなこんなに助けてくれるんだろう?」っていつも不思議だった(^^ゞ

                  そして、出会った人達が本当に沢山の大切な事を教えてくれたよ〜♪


                  リリーバリーの交流会で重症のリウマチ患者の人に出会ったのも、すごく大きな事を学べたし、何よりも顔の広いその人が沢山の人と縁を繋いでくれた!

                  彼女が居なかったら・・・って考えると、今出会ってるほとんどの人と繋がってなかったんじゃないかなぁ。

                  彼女は、立ち上がるときにも座るときにも、もちろん歩くときにも介助が必要なぐらい重症だった。

                  それで、多分それまでにも色んな療法を試していたらしく、最初出会ったときの冷たい目は・・・恐かった〜(x_x)

                  多分いろんな人に「これが良いよ」とか「これで治るよ」なんて言われて、随分騙されたんだろうな(・・;)


                  で・・・きっと「こいつらもまた・・・」なんて感じだったんじゃないかな〜(^_^;)

                  ちょっとづつ話すようになっていって、レイキにも興味を持ってくれて、交流会で手当も受けてくれた。

                  なんか不思議なことに、彼女に触っているとなんだかとても愛おしい感じがしてね・・・

                  「ちょっとでも治せたらな〜」なんて思っちゃったんだよね(*_*)

                  だけど、付き合っていくうちに「治せたら・・・なんて考えは、傲慢以外の何物でもない!!」って気づいた。

                  だって、彼女はその人生を自分で選んで、その中でこんなに不自由しながらも精一杯生きてるんだもん。

                  彼女にその病気がなかったら・・・きっともっと楽な人生を送っただろうけど、今の彼女はそこには存在しないんだって気づいたんだよね。

                  レイキのアチューメントを受けてくれても、彼女の痛みは無くならなかったけど・・・それまでとは桁違いの動き方が出来るようになってた。

                  「誰にも頼りたくない!」って意地を張ってたのをやめて、「誰かの手を借りても、自分のしたいことをする!」って思えるようになったって言ってくれたときは、本当に嬉しかった〜〜♪

                  そのすぐ後に出会ったのは、肝硬変の末期患者の人。 お腹は臨月の妊婦のように腹水がたまってて、足は象みたいに浮腫んでたし、しょっちゅう足や手が攣って夜中に遠隔依頼が入ってきた。

                  で、遠隔送ると数分でそれがおさまるのを見せて貰って「遠隔ってほんまにきくんや〜(@_@)」なんて、ティーチャーにあるまじき事を思ったり(^^ゞ


                  その人はどうしても欲しい物があって・・・それをそんな身体で必死に手にしようと頑張ってたんだよね〜。

                  いつあちらの世界に戻っても不思議じゃない状態だったにもかかわらず、出会って5年ぐらい生きててくれた。

                  その間に沢山のことを見せて貰ったよ〜♪

                  そして、最後は・・・「私、こんなに幸せやねん、見に来て〜」って病室まで呼んでくれて、本当に幸せな笑顔を見せてくれた。

                  彼女が手に入れた宝物を御相伴させて貰えたんだ!!


                  この二人との出逢いで学んだのは・・・ 「幸不幸は、自分で決めるものであって、他の誰にも決められない」だった。

                  つまり「幸せ」は、自分の力でしか掴めないんだから、「誰かを幸せにする」事なんて出来ないんだって事。

                  だけど、その幸せな気持ちを沢山の人にお裾分けすることは出来る。

                  だからこそ、いつも幸せを感じていられるようにしたら・・・周りの人が幸せになるお手伝いが出来るって言うことだね(*^_^*)


                  このお二人に、最初のうちに出合わせて貰ったのは、本当にありがたかった。

                  ここからねこきりレイキの方向性が決まったからね(^_^)v


                  んじゃまた長くなってきたので、続きはまた〜!!



                  レイキとの出会い 最終章

                  0
                    この連載も7日目でこれで最終になります!!

                    で・・・前回は、やっとティーチャーズディグリーを受けに行ったところまでだったね(*^_^*)

                    2002年の年末、京都まで行って、近くのスーパーに車を止めてご飯を食べてから師匠の元に行った。

                    場所はハワイアンのお店で、営業終了後師匠が借りてた場所。

                    なんか師匠がお茶なんか淹れてくれてちょっとビックリ( '_';)

                    で・・・ティーチャーズディグリーなんだけど、ちょっと注意点なんかを教えて貰って後はアチューメントの仕方を習っただけ(^_^;)

                    大きな鏡の前で二人で交代ばんこにやってみる・・・

                    1日目は、2時間ぐらいだったかな〜?

                    注意事項の中にも「金星」の「き」の字もない!!

                    でもって、アチューメントの仕方の中にもそれらしいものはない(^_^;)

                    師匠は・・・

                    「最終的には、自分で好きなように変えても良い。綺麗に舞うように出来るようになって下さい」との言葉をくれただけ。

                    それはそれなりに面白かったんだけど・・・

                    これだけですぐにアチューメントするのはあまりにも無謀だって事で、ねこきりレイキのティーチャーズディグリーは、レクチャーのレッスンまでつけて即実践出来るように変更してるんだけどね(*^_^*)


                    あの日の帰り道、名神高速を西に向かって走るとき、目の前に登ったばかりの時の赤みを帯びた月じゃなくて白く冴えた満月がぽっかりと浮かんでた。

                    それを見ながら・・・

                    「金星はガセネタやったねぇ・・・。でぇ、結局『人の意志の力』やったんやね〜」と話しながら帰ってきたのであります。

                    翌日ももう一度行ったんだけど、2ndと3rdのアチューメントの仕方を習っただけで、やっぱり金星は出てこなかった(^_^;)

                    だけど、あの夏あの琵琶湖畔でお蕎麦を食べてたときに、あの話を聞かなかったら・・・絶対今のねこきりは居ない。


                    と言うような運びで、とにもかくにも二人してレイキティーチャーなるものになってしまったわけです。

                    その時点では、アチューメントをするつもりもなく、とにかく「金星とは関係なかった」と言う事だけ判って、ちょっと残念なようなホッとしたような気持ちで年を越したσ(^◇^;)


                    相変わらず週一の交流会にも参加してたし、アパレルの外注の仕事もボチボチやってた。

                    リリーバリーにも遊びに行ってたし、月一の聖地巡りも古神道講座も行ってた。

                    そんな感じで遊び暮らしてたら・・・

                    春前に「是非二人からアチューメントを受けたい」って言う二人が出てきたんだよね〜。

                    で・・・「まぁ、せっかくそう言ってくれてるんだし、やってみようか!」と言うことで、お引き受けした・・・。

                    でも・・・このいい加減な二人は・・・取り敢えず師匠のテキストをコピーしたものの、読み返すこともなくぶっつけ本番(O.O;)(o,o;)

                    まぁ、アチューメントの仕方だけは二人でおさらいしたけど・・・本当にレクチャーなんてテキストを初めて読む感じだった。

                    いやぁ・・・今思うと本当に申し訳なかったと思うけど・・・

                    だけど、その時その時にお互いに必要な情報を提供し合うって言うことから言えば、あれはあれで良かったんだと思う。

                    何度もレクチャーしていくうちに「あれ?これってこういう意味やったんや〜!!」って初めて判ることとかいっぱいあったし、色んな質問を貰ってそれに対して答えていくうちに沈み込んでいくことも多々。

                    なので、今でもねこきりから受けてくれた人達は、誰かのアチューメントの時なら無料で一緒に聞いて貰ってアチューメントも受けて貰えるシステムにしてる。

                    こっちも、どんどん進化して行くし、相手もどんどん進化していくので2回目3回目と回を重ねれば重ねるほど理解が深まるからね(^_-)

                    その初めてのアチューメントが、2003年の4月の始め。 その頃リリーバリーのマスター(現勾玉屋社長)も「僕も受けてみるわ」って言ってくれて、ファーストを受けてくれたんだ♪

                    マスターは、合気道の有段者なので「修行」の人。

                    だから最初は「そんな修行もいらんようなもん・・・」って感じであんまり興味を持ってくれてなかったんだけど・・・

                    ある時きりさんが「こんな感じやで」って背中に手を当てたら・・・

                    『なんや、このオッサンの手・・・なんでこんな熱いんや???』って思ったらしい(^^;ゞポリポリ

                    でもって、ちょっと興味を持ってくれたらしいんだけど、お店やってて交流会に行く暇が無かったんだよね〜。

                    で・・・ねこきりがティーチャーになったと言う事で、私達から受けてくれて、その後「うちで交流会したらええやん!」って月に二回土曜日の夜閉店後にお店を貸してくれるようになった。

                    お店に来てたお客さんにも声を掛けてくれて、色んな人が来てくれたな〜♪

                    アロマの先生からの紹介や、交流会に来てくれた人が受けてくれたり、その知り合いを紹介してくれたりと・・・いつの間にかレイキのねこきりになってた。

                    でも・・・本当の修行(!)は此処が始まりだった。 この修行は、色んな事があって大変だったけど、一つづつ一つづつ判らないことが判るようになっていったから、本当に楽しかったよ〜!!



                    と言うことで、「ねこきりとレイキとの出会い」の章はこんな感じで終了!!


                    が・・・この後はねこきりレイキが出来上がっていくまでのお話をまた続けていきますので、乞うご期待です〜♪



                    レイキ ブログランキングへ

                    レイキとの出会い その6

                    0
                      さてさて、「何故ティチャーになろうと思ったのか」の真相は!!


                      あの時のことは鮮明に覚えてるな〜〜σ(^◇^;)

                      2002年の夏、怪しいこと好きの友人と三人で琵琶湖の白髭神社に行ったときのこと・・・。

                      いつものように友人に「此処でやって〜♪」と、スポットを指し示して光のマニ宝珠の大神様なるものをやって貰ったり、誰も居ないのを良いことにピラミッド型の磐坐を撫で回したり(..;)""> ポリポリ

                      その時にピラミッド石に丸い石が乗っかってたんだけど・・・「誰か乗せたんやろうな」って思った程度で深く考えなかった。

                      で・・・一通りご挨拶を終えて、「お腹空いたね〜」って事になってお蕎麦屋さんで昼食。

                      その時にその友人が・・・「アチューメントって金星のエネルギーを持ってくるねんで」なる言葉を口走った( '_';)

                      その上、「こうやってな・・・」と指を丸くして星を作るような仕草までして見せてくれた!!

                      確かに・・・レイキって鞍馬と関係が深いし、鞍馬と言えば金星人のサナートクマラ・・・(..;)""> ポリポリ

                      その友人は、臼井霊気のティーチャーでは無いものの、いくつかの発展型レイキをしてたりアイキのティーチャーだったので、それを訊いて「ふ〜ん!そうなんや〜〜」と言ったものの、なんだか腑に落ちない状態だったんだよね(^_^;)


                      で・・・面白かったのは、その日の帰り道。 ちょっと欲しい石があったのでリリーバリーに三人で立ち寄った。

                      「どっか行ってきたん?」とマスター。

                      「うん、白髭神社へ行って来た」と答えたら・・・

                      「ピラミッド石見てきた〜?」

                      「うん、あそこで神業してもらったよ」と・・・

                      「あのピラミッド石の上に、丸い石乗ってなかった?」

                      「乗ってた」

                      「あれ・・・昨日此処にあったのを持っていって乗せてきたところや」とマスター・・・

                      「ええ゛っ!あの石って・・・岐阜に返しに行かなあかんかったんちゃうの( '_';)」

                      「うん・・・でも、めんどくさいし・・・同じピラミッド石やから・・・」って(^_^;)

                      その当時の勾玉屋さんは、磐坐に凝ってて、あちらこちら行ってはそこで石を拾ってきてたんだよね。

                      それを霊能者の人に叱られて「返してこい!!」って言われてたんだけど、そう言うの気にする人じゃないしf^_^;

                      でも、あの石だけはちょっと悪さをしたらしく、さすがのマスターも返す気になったらしい・・・

                      なのに・・・拾ってきたところじゃなくてなんで白髭神社(O.O;)(o,o;)

                      そこにまたなんで私達三人が行って御神事を・・・

                      いやぁ・・・不思議な御縁だね〜〜(^_-)


                      で、話を元に戻して・・・ 友人の言った金星のエネルギーと繋ぐっていうことが頭の中にこびりついてて・・・

                      「ほんまに金星のエネルギーなんやろうか???」と頭の中で「?」がグルグル。

                      そのグルグルが最高速度に達したときにねこがきりさんに言った・・・

                      「なぁ・・・、ホンマに金星のエネルギーかどうかって、アチューメントの仕方を習ったら判るんちゃうかな? このままわからへんのって気持ち悪いし、ティーチャーも受けてみようか」

                      と言う事で、師匠にティーチャー受けたいと言う旨を伝えたのでありました。

                      でも、師匠からOKが出たのはその年の12月だったんだけどね(^_-)



                      2002年最後の満月の日・・・二人で京都まで受けに行った。

                      ティーチャーはティーチャーを作れるから、一人受ければもう一人は作れるんだけど、「もし大切なことを見逃したらヤバイから二人で行こう」と二人で行ったんだよね(^_-)

                      あの日は直前まで雨が降ってて、でも京都についたら雨がやんで分厚い雲がどんどん流れていって、龍みたいな形になってた。

                      そして、その龍の傍には赤い満月が登ってきてて・・・本当に綺麗だった〜(☆,☆)



                      で・・・本当に金星のエネルギーだったかどうかは・・・また!!(←まだ引っ張る^^;)



                      レイキ ブログランキングへ

                      << | 2/3PAGES | >>