おかげさまで10周年!

このブログが
電子ブックになりました!




ねこきりレイキは、
おかげさまでレイキ一筋で10周年♪
10年間の軌跡と奇跡を綴って
電子ブックにまとめました。

ご自由にダウンロードして下さいね。


プロフィール

Facebook

お問合せはお気軽に♪

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

月別アーカイブ

それでも遠隔を送りたい!!

0
    猫

    「前に大きな地震があったときに、レイキが出来る人は遠隔を送ったんですよ」って話したら・・・ 「それが何になるん。そんな無駄なことするより行って手伝え(-_-#) ピクピク」って怒鳴るように言われたことがある。

    この言葉を発した人は、レイキが何かをするって思ってたんだろうね。

    あとは・・・「遠隔を送るときは、相手に了解を取ってください」って言ってる流派の人も沢山居る。

    それも、レイキが人を治すって思ってるから出てくる言葉。

    でも、レイキは何もしてはくれないよ。

    レイキが起こす奇跡は、人の起こす奇跡。

    人の力が最大限に発揮できるよう、後押ししてくれるのがレイキなんだよ。

    世間が大変なときとか、知ってる人が大変なときに遠隔を送るのは・・・自分のためなんだ。

    「私には何もできない」と自分を責めるより・・・遠隔を送れる自分で居たいから。

    人は、意識によって沢山の人と共振共鳴出来る存在なんだよ。

    その時、ただの意識じゃなくてレイキの遠隔ならば・・・辛い、怖い、悲しいを増やすのではなく、次にすべき事に目が向けやすくなるんだ。

    その結果として、「行って復旧を手伝おう!(^^)!」って思う人も出てくるかも知れないし、「私はいつも通り仕事をすることで、その被災者に何かを送れるように頑張ろう」と思って、いつもより頑張って仕事をする人も出てくるだろう。

    「アナタが自分で治っていける、素晴らしい存在だって、私は信じてます」って言う愛の気持ちを届ける事だってできるし、本人が手放したくないものを無理やり剥ぎ取ったりはしない。

    この世界を人体に喩えたら・・・手が痛いときに心臓は胸から出てきて手を押さえたりしない。 通常通りに血液を送り出す事で、生命を維持する方が大切だからね〜。

    だけど、痛くない方の手は痛い手を押さえにいける・・・。

    そのどちらもが「大きな私」

    全てが繋がっていて、大きな地球・・・宇宙の一部だから。

    遠隔を送ると言うことは、全てが一つに繋がっていて、各々が各々の役割を果たしているんだって知るための行為なんだよ。


    今、私はレイキの遠隔が送れると言うことがとても嬉しい。

    もう・・・大切な人が泣いているときに「何もできない私」じゃ無いから。

    そして、大きな不幸があったときでも、みんなが力を合わせて乗り切っていけるって知ってる。


    恐怖や悲しみだけに捕らわれず「希望」を胸に愛を送ることが出来る事を・・・

    誇りに思う。



    レイキ ブログランキングへ

    コメント
    コメントする