おかげさまで10周年!

このブログが
電子ブックになりました!




ねこきりレイキは、
おかげさまでレイキ一筋で10周年♪
10年間の軌跡と奇跡を綴って
電子ブックにまとめました。

ご自由にダウンロードして下さいね。


プロフィール

Facebook

お問合せはお気軽に♪

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

月別アーカイブ

当たり前だけど・・・自分で決める!

0

     

    三輪茅の輪

    そろそろ、今年も半分が終わるね〜。

     

    で、その半分の間に身についた穢れを祓うのが水無月夏越の大祓!

     

    うかうかしてると、つい忘れてしまうので・・・昨日大神神社へ行ってきました。

     

    こちらは、旧歴でお祭りをするのか、7月10日まで茅の輪がくぐれるそうです(^_^)v

     

    茅って、イネ科の植物で香りが良いし殺菌力があるんだよね。

     

    だから、夏の高温とジメジメで繁殖する雑菌をこれで祓ったのかもね(^_^)v

     

    和ハーブによる癒しですね〜(^_^)v

     

    普通の神社でも、6月30日の夕方からお祭りがありますよ〜♪

     

     

     

     

    また、選挙だね〜!

     

    で・・・最近、支持する人や政党の応援記事を沢山目にするようになった。

     

    ねこきりの友人には、右の人も居れば、左の人も居る。

     

     

     

    それで、どっちもの記事を目にするんだけど・・・大概が、相手を悪魔のように非難してるのが悲しいかな(/_;)

     

     

    信念が揺らぐとき・・・人は他者を非難することで、自分を正当化しようとするんだよね。

     

     

    それを両方がやってるって言うことは・・・結局、どちらも自信がないって事なのかもね(;´・ω・)

     

     

    それだけ、世の中が複雑化してて、「これでOK!」なんていう政策が無いって事なんだろうね。

     

     

     

    だからこそ、色んな情報の中から、「こうなったら怖いから・・・」って言う恐怖に縛られるんじゃなくて、「この人たちは何がしたいのか」をしっかりと見極めて、自分が一番「良い」と思う未来を思い描いている人や政策を選ぶしかないんだと思う。

     

     

    つまり・・・自分軸で、ちゃんと判断することが一番大切なんだよね。

     

     

     

    以下は、2年前にアメブロにアップした記事なんだけど、ちょっと面白いので再記しますね(^◇^)

     

     

     

    先日テレビを見ていたら、「徳川家が参勤交代を制度化したのはなぜか」って言うお話をしていた。

     

    「将軍の気持ちになって考えたらわかりますよ」って言うヒントだったんだけど・・・

     

    ねこも、テレビで答えていた人みたいに「お金を使わせて、反乱させないようにした( 一一)」って、思ってたんだよね〜。

     

    だけど、本当の答えは違ったんだ。

     

     

    領地を賜った地方の代官たちが、忠誠心を示したくて、どんどん華美になっていく参勤交代の行列を見た徳川将軍が、「これじゃ、みんなが疲弊してしまう」と心配して、そんなに負担にならないレベルで制度化したんだって(@_@)

     

     

    つまり大名は、将軍のためにしたいことをしていた。

     

     

    そして将軍は、家臣のために考えた。

     

     

    で・・・ふと思った・・・

     

     

    「将軍の気持ちになって」って言われた時に、なんで意地悪な気持ちになってしまったんだろう?

     

    これって、いつの間にか色眼鏡をかけさせられてるんじゃないかなぁ・・・。

     

    「権力者は、みんな悪い人」って、なんとなく思ってる

     

    権力を否定することが、ファッション化してるって感じかな

     

    その時その時で、最善と思われる決断をしながら、国を動かす。

     

    その決断で不利になるものが居ても・・・有利になるものが少しでも多ければ、その決断を実行しなくてはいけないのが権力者。

     

     

    結果は・・・時間や見方によって善悪の判断が分かれる。

     

     

    正しいとか間違っているとかは、その人の立場やその判断する時期でまったく違う。

     

     

    それでも、その時に決断をするのが・・・江戸時代なら将軍であり、今なら総理大臣。

     

     

    いつの間にか、「権力者は、自分の利益のために、家臣に対して悪意を持っている」って感じで思わされている自分に気づいて、ちょっと恥ずかしくなった。

     

     

    「弱いものの立場で考える」

     

     

    このとき、誰を弱いものとして定義するのか?

     

     

    人はそんなに弱いものじゃない。

     

     

     

    どんな状況の中でも、それを受け入れたら・・・自分で判断しながら生きられるんだと思う。

     

     

    その強さを、心底から理解できているからこそ・・・多数を生かすために少数を切ることが出来るのかもしれない。

     

     

    誰もが素晴らしい者として存在している。

     

     

     

    この「誰も」を考えるとき・・・権力者以外って定義してしまってるのって・・・やっぱり、色眼鏡なのかも知れないな〜(;´・ω・)

     


    心に傷を負いながらも、多数のための決断が出来る強い人。

     

     

    それが、権力者としての資質なのかもしれないな。

     

     

     

     

     

    こんな記事をちょうど2年前に書いてた。

     

     

    色眼鏡を気づかないうちにかけさせられてるかもしれないね〜。

     

     

    これは、権力者に対する色眼鏡に気づいたときに書いた記事だけど、その反対の立場の人達も、気づかないうちに色眼鏡で見てるかもしれない(;'∀')

     

     

    そのあたり、注意しながら判断しなくちゃって思う。

     

     

     

    さて、今度の選挙では、誰が、どの政党が、その権力を手にするのかな〜?

     

     

     

     

    この国だけでも、沢山の人が居て

     

     

    それぞれ、その人たちの立場が違って

     

     

    善悪も違う

     

     

    利益・不利益の違いもあるだろうし

     

     

    夢見る未来の形も違う

     

     

     

    そんな中で「すべての人にとって正しいこともなければ、すべての人に優しくすることなんて不可能」・・・って気づいたとき

     

     

    反対の立場の人からは悪魔と呼ばれるような、痛みを伴った判断をするのが「政治家」って事なんだよね

     

     

     

    少なくとも・・・切り捨てた者たちを、「やつらは悪魔だから良いんだ」なんて言わない・思わない人たちが

     

     

    この国のトップに立ってくれてたらいいな〜・・・

     

     

     

    なんて思っている今日この頃であります

     

     

     

    そのためにも、ちゃんと自分の目で見て、自分で判断して、投票するしかない(^_-)-☆

     

     

     

    ねこきりは、「自分で判断できる」人を増やすためにレイキを伝えてます!!

     

     

    メール お問合せはこちら