おかげさまで10周年!

このブログが
電子ブックになりました!




ねこきりレイキは、
おかげさまでレイキ一筋で10周年♪
10年間の軌跡と奇跡を綴って
電子ブックにまとめました。

ご自由にダウンロードして下さいね。


プロフィール

Facebook

お問合せはお気軽に♪

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

月別アーカイブ

・・・想い・・・

0

    バラ
    この言葉は、2013年8月にアメブロにあげたもの

    今もまだこの想いを胸に、ただひたすら生きています




    本当の光とは、闇の中でも光であり続けることが出来る

    本当の闇とは、光の中で闇として存在することが出来る

    闇が深さを増し

    光が輝きを増す

    それが今


    怒りはどんどん膨らみ

    愛もまたどんどん拡がる

    その流れの中で


    「ただあい」・・・こんな言葉が在るんだろうか?

    ただ間と書けば良いんだろうか?

    その言葉が今とても重要になっている


    どんどんクリアーになっていく中で

    真ん中のグレーゾーンの重要性が問われているような気がする


    釈迦の悟った中庸


    今の言葉だとグレーなのかも知れない

    でも、グレーも素敵な色なんじゃないのかな?

    だって光と闇が共存してる状態なんだもん


    全ての想いが

    共存して行けたらいいね〜


    真っ白でも

    真っ黒でも

    何も見えない


    優しいグレーの世界なら、色んなものが

    しっかりと見極められるんじゃないのかな(^_-)



    アナタが誰かに

    もしくはみんなに

    与えたいと思っている「もの」を


    アナタは

    喜んで受け取れますか?



    自分にはあまっていると思っている「もの」を

    更に受け取れますか?


    あまっている「もの」なんて本当にありますか?



    自分に無いから

    「与えたい」と

    思っていませんか?


    だったら


    まず

    欲しがりましょう


    欲求や欲望は

    決して悪ではありません


    堂々と

    「これが欲しい」と

    自分自身に言ってしまいましょう

    それが扉を開く鍵


    かも・・・(^_^;)



    誰かのために何かをするのって、そんなに素晴らしいことなんだろうか?


    他人のために自分を棄てる・・・

    そんなことって、本当に出来るの?


    私は、そうは思わない

    自分を消してしまって、自分が存在できるはずがないから


    誰かのために命を捨てようと思った人達は、それをしない自分が嫌だったから・・・

    だから、突き詰めれば「自分のため」に命を捨てたんじゃないんだろうか


    この問題は、「龍」がめぐみに突きつけた問題

    もの凄く深いところまで下りていって、「愛」について語っていた



    何をしても良い、何もしなくても良い・・・


    これは本当に強い意志を必要とする


    そして深くて広い「愛」を必要とする



    そこまで私は説明できているのだろうか?


    自分を好きになると言うことが、どれほど大変なことなのか


    自分に優しくすると言うことがどれだけ難しいことなのか


    それを説明できているのだろうか?



    でも、私は「人」と言うものを信じている


    だから、きっと私が説明しなくても、きっと自分で見つけだしてくれるはずだ



    今は判らなくても良い


    魂の時間は永遠だから


    誰かのために何かをするのは、自分が「それをしたい」という気持ちを満足させる行為



    そして、本当に自分自身を愛せるようになったら・・・


    全てが同じものの違う部分だったと言うことを思いだしていく


    その段階で、すでに自他の別は無い



    私は私のために他の人を助ける


    何もしなくても、私の存在が他の人の役に立っていることを心の底から知る


    自分を手放すことなんて出来ないと言うことを知る



    そこから、何をはじめようか!


    それが新しい誕生



    ただの人として生きることの素晴らしさを、全身で感じながらの「生」


    全ての人の、悲み、喜び、怒り、楽しさ


    その全てが愛おしい


    そして、それが全て自分自身であると言うことを知る



    そこまでこの「生」で辿り着けるのか?



    まぁ・・・ボチボチ生き(行き)ましょう♪




    レイキ ブログランキングへ